オルニチンの効果と副作用

オルニチンの働き

オルニチンは主に肝臓で仕事するアミノ酸ですが、まず肝臓自体がどのような働きをしているかを知る必要があります。

 

肝臓と聞くと、なんとなくアルコールを分解するところかな?というイメージはあると思いますが、肝臓の仕事はアルコール代謝以外にもたくさんあります。

 

肝臓は、内臓の中でもとても大きな臓器で、基本的に強くて活発な働きをしています。

 

大人であれば、その重さも1kgを超えますので、とても存在感のある内蔵と言えますね。私たちが食べた後に分解されて血液に混ざったさまざまな栄養素は、一旦すべて肝臓へと運ばれます。そんな肝臓の仕事は細かく分けると実に500種類以上にも及びますが、中でも重要なのが代謝によるエネルギーの産生と貯蔵、解毒、胆汁の分泌となっています。

 

オルニチンが大きく関わるのはこの中で解毒に関わる部分ですが、分解の途中で発生する有毒なアンモニアを解毒することで、同時にエネルギーの産生も助けることになります。

 

オルニチンがなければ、アンモニアに阻害されて肝臓で十分なエネルギーが生み出せなくなりますので、体中が疲労してしまうことになります。脳へ送るエネルギー量も減ってしまいますので、全身疲労が起きてしまうわけですね。

 

オルニチンは、肝臓が元気で本来の働きをし、最高のパフォーマンスを発揮するために無くてはならない物質です。オルニチンに疲労回復効果があると言われるのは、こうした肝臓との相乗効果が認められているからなのです。


オルニチンを効率よく摂取するには

私たちの体にとても有効なオルニチンですが、食品に含まれる量がとても少ないために、効率よく摂取するにはやはり食事からだけでは難しいのが現実です。

 

そんな時に役に立つのは、やはりサプリメントでしょう。
サプリメントは薬ではなく栄養補助食品ですから、あくまでも食品です。

 

 

オルニチンはしじみにとても豊富に含まれていることはわかっていますが、江戸時代のように比較的手軽に毎日大量のしじみを食べるというのも、現代社会では難しいですよね。そんな時に栄養素を補うためには、サプリメントはとても有効です。食品の不足栄養素は食品で摂るというのが、一番理にかなった方法と言えます。

 

オルニチンの働きが良く知られるようになって、サプリメントもたくさん販売されるようになりました。
アルコールを良く摂取する人には昔から人気のようですが、肝臓の働きはアルコールの代謝だけではありませんので、アルコールを飲まない人にもオルニチンはとても有効なサプリメントです。

 

特に夕方足がむくんでパンパンになってしまう人や、疲れやすい人、健康的なダイエットをしたい人などには特におすすめしたいサプリメントです。相乗効果を高めるために、成長を促すアルギニンというアミノ酸を同時配合しているものも多いようですね。

 

オルニチンとアルギニンはアミノ酸として近い存在で、どちらも非必須アミノ酸に分類され、体内で生成することの出来る物質とされています。ただ、アルギニンは幼児期に多く働くことがわかっていて、年齢が進むことで成長の必要がなくなると、量が低下することもわかっています。オルニチンと同時に摂取すると、アンチエイジングや脂肪の燃焼にも効果が期待出来るでしょう。


オルニチンサプリと副作用

体に良いと言われているオルニチンですが、食品から多く摂ることが難しいためにサプリメントを活用する人も増えています。そんな時に気になるのが副作用ですが、オルニチンを大量に摂取することで何か問題はないのでしょうか?

 

結論から言うと、オルニチンをたくさん摂取したからと言って問題が起きるということはまずないでしょう。そもそもサプリメントは薬ではなく栄養補助食品ですので、副作用という表現も正しくはないのですが、オルニチンは遊離アミノ酸の一種であって、たくさん食べたからと言って体内に蓄積されていくようなものではありません。

 

だからと言って常軌を逸するほど大量に摂取するのはやめておいたほうが良いでしょうが、常識的に食品の栄養補助として継続的に摂っている分には、問題はまず起きなさそうです。

 

世界的に見ても、今までに問題があった事例は報告されていません。

 

また、栄養素は永遠に体内で働き続けるようなものではありませんので、日常的に失われていくものです。一度に大量に摂取したからどうというものではなく、継続して一定の生活リズムに採り入れたほうが効果は高くなります。サプリメントをいろいろ飲みあさっているような人は、きちんとした効果が得られる前にやめてしまうケースもありますので、それではもったいないですね。

 

サプリメントにもいろいろありますし、オルニチン以外にも配合されている栄養素があるものも多いですから、製品ごとの摂取目安は守りましょう。オルニチン自体の摂取目安は1日に約400mgから1,000mgというのが一般的な数値です。

 

オルニチン・肝臓・しじみサプリ関連サイト

肝臓に良いサプリメント[脂肪肝や肝硬変など肝臓に効くサプリ]
肝臓の病気や肝臓の数値が気になる方へ
しじみサプリ通販ランキング[シジミサプリメントの効果・効能は?]
オルニチンの副作用と摂取量。しじみサプリが凄い理由